名寄市智恵文「ロッジテッシオペッ」ハーフセルフビルド建築の様子。木組み編1

名寄市智恵文で建築している「ロッジテッシオペッ」は、いよいよ木組みが始まりました。

オーナーの高橋さんは昨年にキタ・クラフトで2棟の新築の家を建てる作業を経験したので、このご自分のロッジを建てるのが、3回目です。

やはり流石、ハーフセルフビルドで建てたいとの強い想いがあるので仕事を覚えるのも早いですが、しっかりとしたモノづくりをする姿勢があります。

今年からキタ・クラフトに入社した新人大工のHIDEにもしっかりとしたモノづくりの姿勢を持って家を建てる作業をして欲しいと思っています。最初は何もわからない中での作業ですが、家を建てるひとつひとつの工程をなるべくレクチャーしながら進めています。

昔は先輩職人を見て覚えるというのが、この職人の世界では当たり前だったのかもしれないですが、私は家づくりをする中で、新人大工が自分は家のどこを作り、どの作業を自分が携わって、この家が出来ている感覚を持って作業してもらえたらと思っています。そう思える事で仕事が楽しくなり自分がこの家を建てている感があるとやりがいにもなると思うからです。

こういう若い大工を育てていく事も今までの固定概念を捨てて新しい事にチャレンジして面白い仕事の環境づくりもしていきたいと思っています。

ここ北海道名寄市智恵文はまだ5月というのに日中は25度くらいの日々で夏のような陽気で気持ち良く作業をしています。

北北海道の名寄市や下川町は夏と冬の寒暖差は大きく夏は30度、冬はマイナス30度と60度近くもありますが、この時期の朝晩の気温差も大きく、特に今年は大きく朝は10度、日中は30度近く、20度近い日較差があります。この日較差が美味しい野菜などが出来る環境のようです。この時期の旬の野菜はグリーンアスパラです。

これから下川町ではフルーツトマトも赤く実り出してきます。

今日は代表の加藤の想いや名寄市、下川町の季節感も少しお話ししましたが、また少しずつこの地域の話も取り混ぜながら、建築の様子をお伝えしていきたいと思います。

オーナー高橋さんのロッジの情報です。

「北北海道の大自然に建つフィッシングロッジ」

Lodge Teshiopet
ロッジ テッシオペッ

〒098-2181
北海道名寄市智恵文2585-1

E-mail teshiopet@gmail.com

(2020年春完成予定で建築中)